2019流通? ゲノム編集食品ってどんな味がする?おいしいの?安全性は?

ハドソン
こんにちは、ハドソンです。早ければ2019年夏に遺伝子を効率よく改変した「ゲノム編集食品」が市場に流通するとのことですが…

 

ワノエリ
ゲノム編集食品っておいしいの?どんな味なの?

 

ハドソン
今回はその辺を徹底調査しました。

 

ゲノム編集食品っておいしいの?

 

ワノエリ
ゲノム編集食品の味がどうなのかということについてだけど、

今より、おいしい可能性があります。

 

ハドソン
重要となってくるのは“ゲノムをどのように編集したか”ということですね。

 

ワノエリ
その通り。

ゲノム編集食品には、今よりおいしくなるようにゲノムを編集するという試みもあるので、

それがうまくいけば、人間好みの味にすることはできるかも。

 

ハドソン
逆に言えば、“味”を重視せずに、生産効率や栄養などを重視して遺伝子編集が行われた場合には、まずくなる可能性もあるんでしょうか…?

 

ワノエリ
可能性はあるけれど、そんなに美味しくないものを売ったりはしないだろうから大丈夫だと思うよ。遺伝子組み換えの食品はすでに売られているし。

 

京都大学発の肉厚マダイ

 

ハドソン
大学などの研究機関でも、”味”を改変するゲノム編集の研究がさかんに行われているみたいですね。

 

ワノエリ
なかでも、近畿大学水産研究所・京都大学農学部の共同研究の肉厚マダイは有名らしい。

 

ハドソン
ほぇぇ、普通のものとどう違うんでしょう?

 

ワノエリ
ゲノム編集によって筋肉量を増強させてマッチョで肉厚なマダイで、食感は柔らかくなってるらしい。

当然好みの問題はあるんだろうけどね。

 

ハドソン
人によって好き嫌いがあったとしても、食のレパートリーが増えるのは単純にうれしいですね!!

 

ゲノム編集食品の安全性は?

 

ハドソン
ゲノム編集食品については、安全性を疑問視する声も上がっているそうですね。

 

ワノエリ
まあ、無理もないよね。

一応、ゲノム編集は遺伝子を切断して働きを止める方法を使って作物自体の遺伝子を改変するから、別の生物の遺伝子を組み込む「遺伝子組み換え」に比べると、安全性は高いとされているんだけど…

 

ハドソン
うーん、全然信用ならないですね。

そもそも遺伝子を切断して良いものなんだろうか。例えば、有害な物質を産生する作物になったりしないんだろうか。

 

ワノエリ
ハッキリ言ってかなり不明確だと思う。しばらくは私買わないと思う。

 

最後に

 

ハドソン
なんだかゲノム編集作物に少し興味がわいてきました。

 

ワノエリ
今回は”味”について取り上げたけど、この技術のメインは”味”の向上ではなくて生産効率の向上だと思うよ。私たちの食卓がゲノム編集食物で埋め尽くされる日も近いかも。

 


人気ブログランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です