Google StadiaのState Share(状態共有)機能とは?

 

ハドソン
こんにちは、ハドソンです。

 

ワノエリ
こんにちはワノエリです!!

前回記事から、

Googleの新ゲーム Stadiaの「State Share」で何ができる? どんな機能なの?

ということが気になったので調べてみました。

 

State Share とは 状態共有

 

ワノエリ
State Shareという英語は直訳すると、状態共有ですね。

 

ハドソン
つまり、Stadiaの State Share は異なるプレイヤー間で状態が共有できるということを指します。

 

ワノエリ
ゲーム内のある瞬間をプレイしているときに、その瞬間を他の人とシェアできるってさ。

しかもそれを「リンク」として保存して他の人に送れるらしい。

 

具体的にはゲーム内での位置やイベントの共有

 

ハドソン
より具体的にいえば、自分の位置、起きている状況(イベントとかアイテムも?)を瞬間的にURLとして残せるということです。

 

ワノエリ
「ゲーム内の体験」を保存までできるなんて…。

じゃあ、たとえばの話だけど、

「こないだあの超大型モンスター出てきてアイテムも全然なくてマジやばかったー!!」

みたいなのを残せるってことだよね!?

 

ハドソン
そうですね!! URLであればTwitter等のSNSにも貼れますし、そういった社会現象も狙っているというところでしょう!!

 

ワノエリ
なるほど、社会全体すら揺るがすほどの事態なんだよな、このStadiaってやつは。

 

どんなゲームで現れる機能なのか

 

ハドソン
このState Shareって具体的にどんなゲームで使える機能なんでしょうか?

 

ワノエリ
上記のYouTube動画で見る限りはアクションゲームで使える機能なはず。RPGやパズルゲームなんかでも使えそうな気はするけど、現時点では明確なことはわからないね。

 

ハドソン
今後の発表に期待ですね。

 

最後に

 

ハドソン
今の話の流れからして、数年後には皆いたるところでゲームしててURLをfacebookとかInstagramとかにあげまくってるんですかねぇ笑

 

ワノエリ
未来が本当に読めなくなってきた今日この頃…笑

 

ハドソン
▼関連記事はこちら!!

 


人気ブログランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です